OOoを使ったプレゼンスライドを作る演習

2009.11.27:初稿
2009.12.18:Drop&Drop修正

カメラ画像をDrawに貼り付けて加工する練習をします

1.カメラから画像データを取り出す

カメラから画像データをPCに取り出す方法として以下の2つがあります。

3.今回は、演習を簡単にするためにマイドキュメントにある材料を使用します。


    一般的なbmp(ビットマップ)やjpg(ジェイペグ,写真によく用いられるフォーマット) は以下の方式で取り込みます。







    「挿入」から「画像」「ファイル」からを選びます。







    挿入する画像を選択してください。
    今回は マイドキュメント--マイピクチャ--SamplePictures にある Blue Hills.jpgを選択しました。







    挿入できました。サイズも可変できます。


    Drug and Dropで落とすこともできます。
    ただし、この方法は画像データへのリンクを張るだけで、データ本体は取り込ま ないようです。
    したがって、Impressデータを他PCに持ち運ぶときは画像データが消えますので 注意してください。画像データも同じフォルダ関係にして持ち運ぶ必要があります。
    Drug and Dropは簡単ですが、少しでも持ち運びする可能性 のある時はおすすめしません。






    Drawを起動しておいて、挿入する画像を貼り付けます。
    1. 画像を左クリックで選択。
    2. 左クリックしたまま、Drawの画面上にマウスポインタを移動。
    3. 移動後、左クリックを離す。
    この一連の動作をDrug and Dropといい、よく使います。







    挿入できました。サイズも可変できます。

    あとは、Drawで必要な処理をしましょう。